柊研究所の備忘録

アート×ものづくり×教育を考える研究者です。

ニュージーランドでファームステイ。クニクニピッグがかわいかった。

今日の柊研究所の備忘録をはじめます。海外旅行というとガイドブック片手に観光地を巡る派と暮らすように旅したい派にわかれます。僕は後者でユースホステルのような相部屋の小さな部屋を借りて、その街を歩くの楽しむ。そんな旅行が好きです。中でも思い出に残っているファームステイとそこで出逢った動物たちについて備忘録にまとめます。

 

数年前のお盆休みのことです。

僕は海外に行きたかった。どこが良いだろうとパソコンの前でGoogleマップを眺めていた。

 

ロンドンに行ってみたい!英国文化に触れてみたい!

 

と飛行機のチケットを調べてみたものの、めちゃくちゃ高い。この年、ちょうどロンドンオリンピックが開催されていたので普段の2倍くらいの価格になっていた。。。仕切り直し。

 

動物がたくさんいるところに行きたいなあ。ファームステイってどうなんだろう。早速検索。

 

 f:id:Sho1coco:20171222232523j:image

 

すると上の方にGina&Partnersという会社が出てきた。ニュージーランド出身のジーナ・ヴィットルさんが設立したニュージーランドに特化した留学・旅行サイトらしい。

 

ニュージーランド出身の人が代表ってなんかおもしろそう。

 

サイトを開くと羊の写真が大きく出てきた。

f:id:Sho1coco:20171220190856j:image

サイト参照

ニュージーランド留学 | 専門学校・大学留学, 海外インターンシップ情報

 

羊。

しかもたくさんいる。

 

早速申し込みました。

いざ非日常の旅へ。

 

僕が選んだのはオークランド。

 f:id:Sho1coco:20171220192152j:image

 Google mapより

街の雰囲気は割と都会で、スカイタワーなんてものもある。

 f:id:Sho1coco:20171221074911j:image

  Google mapより

 

 ステイ先はそこから車で30分ほど離れた郊外。街灯もなく、車通りも少ない。ただ、広大なファームが隣接しているだけのところ。

 

まさに非日常

 

今までの自分の「静寂」の定義を考え直さなければならない。本当の静かさは遠くで豚が泣く声が、まるですぐそこにいるかのように聞こえる。物音ひとつひとつがクリアで、今まで生活の中に溶け込んでいたモヤっとした空気の層が取り去られたようだった。

 

僕はそこでいろんな動物と出逢った。

 

動物たちの紹介

 

ひつじ

f:id:Sho1coco:20171222072837j:image

ひつじはのんびり屋で走ることはない。そんな勘違いをしていた。彼は、全速力でこっちに突っ込んでくる。群れの中でも記憶力がよく「エサくれる人」認定したら、ひたすら近寄ってくる。いや、突進してくる。そして、硬い前足で蹴りをあびせてくる。もし、ファームに出る前にまずやるべきことは着替えることだ。なるべくなら、それが泥だらけの前足をなすりつけられても笑顔でいられる服が良い。僕は次の日からカッパを着ることにした。

 

クニクニピッグ

f:id:Sho1coco:20171222232549j:image

モップのようなパサパサの毛と短い足。歩くときは全身を引きずりながら這ってくる。つぶらな瞳でこちらをみている。

f:id:Sho1coco:20171222232637j:image

近づいてきた。エサをあげると基本なんでも食べる。だいたい皮ごと食べる。バケツごと食べそうな勢いでがっつく。常にフゴフゴとないている。なんともいえないかわいさ。

 

うし

f:id:Sho1coco:20171222232754j:image

乳牛は人懐っこいので、近くでみることができる。心なしか牛乳のパッケージの牛よりも白黒の模様がバラエティにとんでいる。

f:id:Sho1coco:20171222232804j:image

出会えると幸福になれるハート牛。レア。

f:id:Sho1coco:20171222232818j:image

さらにでかい牛。みるからに近づいちゃダメな牛。肩で風を切りながら迫ってくる。迫力がすごい。

 

アルパカ

f:id:Sho1coco:20171222232830j:image

クラレで一躍有名になったアルパカ。髪型がおしゃれ。前はみえていない。

f:id:Sho1coco:20171222233434j:image

ダニエル。

 

タマゴ

f:id:Sho1coco:20171222232855j:image 

1日にこれだけ生まれる。

 

ネコ

f:id:Sho1coco:20171222232914j:image

資料館に人はいない。昔の歴史のビデオとそれを眺めるネコがいる。

 

うま

 f:id:Sho1coco:20171222233336j:image

f:id:Sho1coco:20171222233341j:image

 

広大な土地で育った馬は毛並みがきれいで凛々しい。どこか神聖な雰囲気さえ漂わせている。

 

ファームステイの良さは、羊の毛刈りショーなどの見世物としての動物たちではなく、日常のリラックスしている動物たちに出会えたこと。老後はこんなところで隠居生活が出来たらいいな。

 

 

以上、今日の柊研究所の備忘録を終わります。

 

 

質問箱です。気軽にどうぞ。
https://t.co/9ATA3OdOqS
柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録