読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柊研究所の備忘録

アート×ものづくり×教育を考える研究者です。

同じところをグルグル歩き回る人

第3回は、他己紹介について書きたいと思います。

 

自己紹介は難しいけど、人を紹介するのって、もっと難しいです。

 

「きれいな人」「かっこいい人」

「おもしろい人」「背が高い人」

「頼りになる人」「オシャレな人」

 

容姿や性格を表現する言葉は沢山あるけど、人ひとりを紹介するのって難しいです。

 

そんなことを考えていたある日、同僚がおもしろい他己紹介をしていました。

 

「永さんがどんな人かって?家のカギを2つ持って歩くような人だよ。」

 

結局のところ、どんな人かははっきりと分からなかったけれど、僕にとってこの他己紹介は目から鱗でした。

 

人を紹介するときに

その人を表すストーリーで話す。

 

「負けてるチームを応援してしまう人。」

「月に一度は音信不通になる人。」

「飴玉を2ついっぺんに食べる人。」

 

単語で紹介するよりも親しみが湧いてくるような気がします。

 

それなら、僕はどんな人か。

 

考え事をしながら、同じところをグルグル歩き回る人

 

これは、会社紹介や本の紹介などにもきっと使えます。一文で何かを表すのはとてもおもしろいので、ぜひやってみてください。