柊研究所の備忘録

アート×ものづくり×教育を考える研究者です。

多動力から生まれる新しい価値

NewsPicks の記事で、多動力が特集として組まれていた。多動力とは、いろんなことに興味を持ち、いろんなスキルを得て、いろんなことに挑戦する力としてホリエモンが提唱している言葉。

 

【新】ホリエモンと西野亮廣。「多動力」を語る

 

注意散漫、三日坊主など長く続かないことに対してネガディブな言葉が多い中で、この多動力はポジティブな意味で使われています。

 

少し前の記事でポジショントークについて書いたが、ポジショントークの中で最も影響力のある行動は新しい言葉をつくることだと思う。例えば、「キモかわいい」。この言葉が出来て一気に評価が変わった芸人さんとかペットとかはたくさんいます。

 

ポジショントークと心の溝 - 柊研究所の備忘録

 

多動力は、僕自身大切にしている行動指針にも近いので、良い言葉ができたなあ、と思っています。今日の備忘録にはこの多動力について考えをまとめました。

 

スキルを得やすい社会

 多動力が世の中に受け入れられたのは、スキルを得やすい時代だからだと思います。例えば英語のスキルを磨きたいとき、昔は海外留学などお金がかかり、働いている人にはハードルが高かった。でも今は、DMM英会話や英会話喫茶など、気軽に英語漬けの環境を実現できる。プログラムのような専門知識を学ぶとしても、TECH::CAMPやUdemyがある。このように、専門知識は大人になってからでも十分身につけられるようになりました。そうなるとスキルそのものの価値がだんだんと薄れていきます。「英会話出来る人はたくさんいる。プログラムをかける人もたくさんいる。」

 

多動力の本質

大事なことはスキルをどう結びつけてどう使うのか。複数のスキルを身につけたからこそ出来る新しい働き方があるのだと思います。例えば、エンジニアリングとデザイニング。この二つを合わせると、スタイリッシュなデザインでかつ機能性を兼ね備えた機構をもつ製品が生まれる。東京大学の山中先生はTwitterにも作品を公開していて多くの人を魅了しています。

 

山中俊治 Shunji Yamanaka on Twitter: "山中研究室の新作、谷道鼓太朗くんの「アルデンテ」。中心で繋がった螺旋構造がもたらす不思議な柔らかさ、新触感。 #TreasureHunting #東大駒場リサーチキャンパス公開2017 https://t.co/QcanwzpCFk"

 

スキルの重ね合わせはこれまでになかった価値を生み出してくれるのだと思います。

 

 興味の湧いたことに時間を

最初から「デザインとエンジニアリングだ!」と決めるのはなかなか難しいもの。まずはなんでも良いので興味の湧いたスキルに時間をかけて習得するのが良いと思います。例え三日坊主で終わってしまっても、後々その三日間が役に立つこともあります。あまり深く考えずにまずははじめの一歩を。新たな世界を体験して、その分野の人や文化に触れることで、自然とビジョンが生まれてきます

 

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

ひとりを振り向かせるアイデアがイノベーションを起こす

大企業も中小企業もベンチャーも経営者は口を揃えてイノベーションと言います。そのイノベーションについて考えをまとめたので備忘録として残しておきます。

 

イノベーションとは何か

有名な本があります。イノベーションを考えている人が一度は手にとっている本です。

 

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

 

この本の中で触れているイノベーションは、持続的イノベーションと破壊的イノベーション、前者はこれまでの製品の改良で、後者はこれまでのヒエラルキーを破壊するくらいインパクトがあるもの新しいもの。破壊的イノベーションはハイリスクハイリターンであるため、今の仕組みで利益を享受している大企業が参入しにくい。その結果、破壊的イノベーションが起きた時に、大企業が乗り遅れやすいと言われています。

 

例えばスマートフォン。携帯市場にIPhoneが参入した数年後には国民のほとんどがスマートフォン片手に通勤する世の中に変わりました。

 

冒頭で触れた経営者たちが発するイノベーションはこの破壊的イノベーションのことを言っていると思います。

 

試行錯誤ができる環境を

大企業に目を向けると、多くの経営者は頭を抱え、自分たちも破壊的イノベーションを出さなければ!と新しい社内ワークショップやイベントや仕組みを考えていきます。

 

イノベーションは不確実性のあるものです。良いアイデアがあれば必ずしも発生するものではなく、その時の世の中の動きやイベントなどその時々の環境によって偶発的に起こるものです。だからこそ、大企業には難しい。とくに日本の企業には。

 

大企業がイノベーションを起こすために取るべきスタンスは卵を産むことです。大企業の良いところはその資金力と優秀な人材です。彼らの2割はイノベーションに集中させること。よく見るのは、寄せ集めのグループの短期プロジェクトで片手間にイノベーションを実現しようとする試み。ダイソンは掃除機の開発のために5127台のプロトタイプをつくったと言われています。片手間で出来ることではありません。

 大量のトライアンドエラーを繰り返すためには、そのための環境を整える必要があります。日本の企業に難しいと言った理由はここにあります。日本企業は階層がきつく敷かれていて、1つのプロトタイプをつくるまでに多くの承認を得る会社が多いです。2割の優秀な人材を常にイノベーションに時間を費やし、必要な資金を用意して、リソースも適宜提供して、満足させるべきターゲットを明示する。それ以上の干渉は一切しない。イノベーションで大事なのは教育よりも環境です。自発的に行動できる人を適切に配置すれば良い。環境を整えて卵を産んでひとりでにアイデアが産まれていくようにします。

 

 

顧客像を明確に

中小企業やベンチャーが注意すべきところは、顧客視点を忘れないこと。閉じた空間で長い間開発をしていると、常識がずれてきてしまいます。それは、エッジの効いた製品という意味では良い面もありますが、多くの場合、開発者のエゴであり顧客に受け入れられません。開発するのが楽しい製品ではなく、顧客が喜ぶ製品を考えることです。顧客視点を忘れないためには、明確にターゲットをイメージすること。存在しない空想上の人物でも良いので、できるだけはっきりとその人の性格から家族構成、休日の趣味まで。顧客をつくりだす分析をペルソナと言います。下記のブログに例が載っています。

 

誰でもできるペルソナの作り方〜マーケティングの現場で活用できる良質なペルソナを作る手順 | カイロスのマーケティングブログ

 

このように具体的なひとりが夢中になる製品を生み出すことができれば、それはイノベーションになる可能性を秘めています。

 


柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。

・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録 

VALUに期待すること

5/31に自分の価値をトレードするサービスVALUがスタートしました。人気ブロガーさん達のお勧め(煽り?)も受けてものすごい勢いで拡散しています。

 

VALU | だれでも、株式会社のように、あなたの価値をトレード。

 

僕もまだ全体像は見えていないのですが、VALUとは、株の売買のような仕組みを個人に適用したシステムで、ようは人気投票のようなものです。ここで言う人気は良い人気だけでなく悪い人気も含まれます。影響力の高さ。たとえば、ホリエモンの株が1000円で売られていて、1000円以上で買いたい人が多ければ株価は上がり、1000円以下で買いたい人が多ければ株価が下がる。これは、普通の株式売買と同じなので株をやったことがある人ならなんとなくイメージできるのではないでしょうか。

 

株価の上下の仕組みはこちら。

株価が決まる仕組み - はじめての株式投資入門

 

 

ちなみに、VALUの意味はVAL(Value)+U(you)、

あなたの価値だそうです。

 

開発者の考えは中村氏のブログに書いてありました。

 

http://nakamurahiroki.com/2017/06/05/valuというサービスを公開しました/?platform=hootsuite

 

VALUはまだβ版なので様々な課題を含んでいそうです。数ヶ月後には無くなっていたなんてこともあるかも。でも、良い方向に行けばとてもおもしろいサービスだと思います。期待できること・懸念されることを書いていきます。

 

個人のマネタイズがしやすくなる

社会的には価値があるけど、お金が集まらない。という事業がやりやすくなります。最近は、クラウドファンディングなど株式会社をつくらなくてもお金を調達する手段が増えてきました。クラウドファンディングでは、「この製品が完成したらあなたにあげますよ。」みたいな約束をしてお金を調達していました。プロジェクトを基準とした資金調達です。それに対してVALUは、その個人のやっていることすべてに関する価値です。従って約束がなくても上場出来て何も売っていなくても、注目が集まればその分の価値がつきます。

 

寄付や投資に親しみやすくなる

 日本は貯蓄文化で良い取り組みに対しても寄付や投資が集まりにくい国です。VALUのように個人を応援する仕組みは、ファンのようなものに近く、寄付や投資よりも始めの一歩が踏み出しやすいような気がします。(ビットコインの購入自体の壁はありそう。)次のステップとして、寄付や投資に進む人が増えていけば、お金が世の中に循環しやすくなってくれるかなと思います。

 

転職しやすくなる

自分の価値が世の中に共有されることで、独立や転職への手助けとなりそう。ただ、現状だとオープンなベンチャー企業か外資系の社員くらいしか上場することは難しいかもしれません。

 

デイトレーダーの餌食になる

懸念されることは、VALUそのものが金儲けのツールとなることで、炎上芸人を利用したデイトレーダーの場になってしまうと、 サービスが荒れてしまいそうです。その辺りは運営側の腕の見せ所かもしれません。

 

成長性をみて投資をする

買う側の立場に立ってみます。今はまだスタートしたばかりのサービスなので、有名な人にお金が集まっています。でも、本来の投資は成長性に対して行うものです。投資家は1年後、10年後に大きくなる人に投資をします。いくら素晴らしい事業であっても今後の成長が見込めない場合は、価値が下がる可能性があります。

 

僕個人としては、ものづくりに関わるフリーランスが増えていってほしいという考えを前に書いています。

 

誰もが職人になれる時代 - 柊研究所の備忘録

 

だから、このサービスが良い方向に向かえば良いなあと思います。

 

柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。

・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

 

 

 

 

ポジショントークと心の溝

僕はポジショントークという言葉があまり好きではありません。ただ、ビジネスを立ち上げたり、マネージメントする立場にとって、ポジショントークは、とても重要な言葉だとは思っています。

 

ポジショントークとは何か

 

最初にポジショントークとは何かを簡単に話したいと思います。ポジショントークとは、

 

株式・為替・金利先物市場において、買い持ちや売り持ちのポジションを保有している著名な市場関係者が、自分のポジションに有利な方向に相場が動くように、市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語。

Wikipedia より引用

 

もともとは株や為替に関わる言葉だったのが、最近は、その人の立場や肩書きから発せられる言葉のこと。という広い意味で使われているように感じます。どんな時にポジショントークが使われるかと言うと、例えば、新しいアプリがローンチ(発表)された会社のCEOは、例えそのアプリがあまり気に入ってなくても、その新しい性能や機能をメディアに発信して褒めるし、ネガティヴなコメントは避けるでしょう。それは、社内の中で意思疎通が出来ていないことを悟られないために、また、会社が売り上げを増やすために、個人の考えというより、会社の代表というポジションから出てくる言葉です。

 

ただ、こうした見方をしていると、ポジショントークに対して、どうしてもネガティヴなイメージが湧いてしまいます。ポジショントークはセールストークのようなものだと。

 

でも、それは本質ではありません。僕はポジショントークの本質は多面的なものの見方にあると考えています。会社を成長させるためには、研究・開発・人事・マーケティングなど、ダイバーシティに飛んだ人材を採用する必要があります。彼らの考えは自分たちのバックグラウンドに基づくもので、それぞれが全く違う方向を向いて仕事をしています。マネジメントに必要なのは、その多様な考え方を許容できる視点です。

 

空き缶を想像してみてください。上からみたら円にみえて、側面からみたら四角にみえます。まったく同じものをみていても、「これは丸だ!」「いや、四角だ!」と争いが起こってしまいます。マネジメントをする立場の人は、それがある角度で四角みえて、ある角度で丸に見えることを理解しておかなければなりません。共感ではなく理解です。

 

ポジショントークに話を戻すと、多面的なものの見方が出来れば、そのときの状況によって適切な人物を演じることが出来ます。学生の頃、同じ事柄についてランダムに賛成と反対にわけて、議論するというディベートの授業がありました。この授業のおもしろいところは、賛成側の意見も反対側の意見も言えるような多面的な視点が求められるところです。あらゆる視点で意見を言える。ポジショントークが上手い人は視野が広いと言えます。

 

ポジショントークと本心とのギャップ

 

一方で、ポジショントークの問題は、求められる立場を意識しすぎて本心とのズレが生じることです。もちろん、訓練次第で自分の考えと異なるポジションでも熟すことは出来ます。でも、それはストレスになったり、怒りやすくなったり確実に心を蝕んでいきます。毎日声を荒げていた鬼のように厳しい社長が、役職が外れたとたんにニコニコとした人の良いお爺さんに変わるなんて話もあります。長い間ポジショントークをし続けていると、気づかぬ間に自分とポジションとの間に深い溝が出来てくる。ポジショントークって怖い。

 

ポジショントークが出来て多面的な視点が生まれるのは良いことである反面、自分の心とのギャップが大き過ぎると精神衛生上良くない。だから、自分の話す言葉と本心とのギャップには常に気をつけておくのが良いと思います。どうしても縮まらないのであれば、それは、誰かに引き継ぐタイミングなのです。老害という言葉が流行っていますが、後の世代に任せるのはギャップが生まれたとき、それは、早い年齢の人もいれば、スティーブ・ジョブズのように生涯現役の人もいるのだと思います。

 

 

柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。

・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

 

Arduinoをやってみよう。

今回の柊研究所の備忘録は『Arduinoをやってみよう。』です。

ものづくりをさらに楽しくするツールArduinoを紹介したいと思います。

 

Arduinoは電子工作をみんなのものに

Arduinoというのは、下の写真のような基盤とソフトウェアを使った電子工作ツールです。

 

【永久保証付き】Arduino Uno

 

電子工作と聞くと、パソコンや機械に強い人(オタク)がやっているイメージがあり、「難しそうだし、何に使えるかさっぱりわからない!」という人も多いかもしれません。

 

でもぼくは、Arduinoのような電子工作ツールをデザイナーやクリエイター達にぜひ使って欲しいと思っています。ものづくりの幅が格段に広がるから。

 

Arduinoはものにルールを与える

 

Arduinoでどんなことが出来るのか。自分の考えたルールをものに教えることが出来ます。

 

スイッチを押したら電球が光る。

 

温度が上がるとモーターが回転する。

 

音を聞くたびにtwitterで呟く。

 

そんなルールをもったものづくりができます。自分だけのカスタマイズされたものづくり、どんなことが出来るのか。

 

ネコが近くに来ると、twitterで呟いて教えてくれる機械

 

親指を立てると光る手袋

 

とか普通のお店には絶対に売っていない個性的なものたちを生み出すことが出来ます。普段僕たちが目にするメーカーがつくっているものたちは、「若い女性」のようにかなり広い顧客層をターゲットにした製品です。Arduinoを使ってDIYしたものは、完全オーダーメイドでその人のニーズをピンポイントに満たす一点ものです。このように、これからのものづくりは大量生産から個人に合ったものをその人に届けるスタイルにきっと変わっていきます。

 

Arduinoをどうやって学ぶか

 

興味を持ってくれた人はさっそく触って体感してみてください。学び方はいろいろあります。

一番スタンダードなのは、スターターキットと本を買うこと。下記の本とキットは対応しているので、この二つを買っておけば、スイッチを押すとランプが光るなどの基礎的な仕掛けはつくれるようになります。プログラミングも丸写しで動くので初心者でも、まずはArduinoの動きを感じることが出来ます。

 

【本】

Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

【キット】

Arduinoをはじめようキット

 

 

Arduinoの開発者たちの考え

 

もっと詳しく知りたい!という方は、下の動画で開発者たちの想いを聴いてみてください。

 

 


How Arduino is open-sourcing imagination | Massimo Banzi

 

 このブログをみて一人でも世の中に新しいものを届ける職人が増えてくれたら嬉しいです。

 

柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。

 

・Facebook ページ

https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach

・Twitter

ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter

・その他の記事

柊研究所の備忘録

 

 

 

仕掛けおもちゃ〜赤ちゃん用モビール〜

第19回は、DIYで赤ちゃん用のモビールをつくった話です。 

 

f:id:Sho1coco:20170519072406j:image

 

100円均一でつくれるモビール

 

うちには、二ヶ月になる娘がいます。

先週、妻が娘のそのためにと、モビールをデザインしてつくってくれました。モビールとは、よくベビーベッドの上に吊るされてるユラユラ揺れるおもちゃのことです。妻がデザインしたのがこちら。

f:id:Sho1coco:20170515184431j:image

全部100均で買ってきたものです。

我が妻ながらすごい!

 

これが回っていると娘は喜ぶし、妻は自分の時間が少しできるし、一石二鳥。

 

しかし、問題は動かし続けること。

 

手で回すと、10秒ももたずに止まってしまうのです。回り方はぎこちなく、止まっては回して、止まっては回しての無限ループに陥ってしまう。

 

「ものづくりを専門にしてるのなら、これをすこしでも長い間きれいに回して見せて。」

 

と妻のお願い。

 

たしかに、今までものづくりに携わる仕事をしてきたので、動くものの仕組みや図面の書き方はある程度心得ていると思う。ただ、お金をかけて外部の専門家も巻き込んでものをつくる仕事の時とは全く違う。目の前の100均の材料を駆使してワクワクさんのごとく仕掛けおもちゃをつくるなんてことは初めての経験でした。

 

それでも、柊研究所のコンセプトはひとつの空間で構想からものづくりまでを少人数で完結させること。妻と娘のためになって、さらに柊研究所の試作1号をつくれるのは、素晴らしいことです。さっそくやってみることにしました。

 

やり始めたら、とても楽しく娘が寝静まった後も、妻と二人で、あれはうまくいくのじゃないか、これは良いのじゃないか、と夢中になってしまいました。そんな1日の共同作業を経てモビールが完成しました。

 

重りを利用して回転するモビール

 


赤ちゃんのためのモビールDIY仕掛け編@柊研究所

 

左右の重りがついた糸が真ん中の棒にぐるぐると巻かれています。重りの重さによって糸が引っ張られると、真ん中の棒に巻かれた糸がほどけながら、くるくるとゆっくりとしたスピードで回っていきます。この機構のポイントは、重りの下に向かう力を回転の向きに変えることです。

 

さっそく娘にもみて貰いました。

 


赤ちゃんのためのモビールDIY@柊研究所

 

モビールが回転してるのを、ニコニコと手足をばたつかせながら楽しんでくれました。

 なんとか、妻のデザインを崩すことなく仕掛けをつくることが出来た反面、課題も残っています。

 

持続時間が短いこと重りが上にあがりきるまで巻いても、1分くらいでモビールの回転が止まってしまいます。第二弾では、5分くらい持続するものがつくれればなあと思っています。

 

 やってみて感じたのは、自分だけのものづくりに価値があること。顧客を意識せずに自分たちのニーズに合わせてものをつくる。出来たものは世界でひとつの一点ものです。使える機構や機材が充実して、誰もが気軽に立ち寄れる場になれば、柊研究所はきっと魅力的なものをつくれる場になると確信しました。

 

柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。

・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

誰もが職人になれる時代

f:id:Sho1coco:20170508075538j:image

 

第18回は、「誰もが職人になれる時代」です。

 

以前、柊研究所が手本とする組織Fablabについて書いていました。

 

新しいものづくりFablabとは? - 柊研究所の備忘録

 

読んでいない!忘れた!という方のために、少し振り返ると、Fablabという組織は、ひとつの空間の中で「ほぼあらゆるものをつくる」というコンセプトを持った組織です。何が新しいのかというと、これまでのものづくりが、ひとつの製品を生み出すのに多くの人が関わるのに対して、Fablabの考えるものづくりは、デザイン、設計、試作のすべてを少人数でひとつの空間で実現するものでした。

 

今回は、その新しいものづくりのシステムがあることで、誰もが職人になれるという話をしたいと思います。

 

心を掴む作品は個人の中にある

 

職人というと少し異世界のことのように感じますが、ここでは、デザイナーやエンジニア、プログラマーなどのスペシャリストのような専門的な能力を持った人たちのことをいうようにします。

 

今、彼らの多くは企業の中に属しています。 

クリエイティブな空想を持っていても、普通の企業では、賢い人達の批判に晒され、その魅力的なアイデアは少しずつ形を変えて、いつの間にか消えていってしまいます。

 

もし、彼らが少人数で試作までできる空間で働いていたらどうでしょうか?一見すると風変わりなアイデアでも実際にものになると、人の心を掴むエッジの効いた作品になるかもしれません。ああでもない、こうでもないと悩むよりも、つくってみて世の中に問う。それぐらいのスピードが今の社会なら出来るのです。小型化した加工用の機械、イメージを描けるアプリやソフト、それを形にできる3Dプリンタ、そして出来たものを世の中に広めるSNSなどのネット媒体。すべてをひとつの空間にそろえることができます。

 

誰もが職人になれる時代です。

 

少し前にツイッター経由で、こんなアンケートをみました。高校生800人に聞いた「将来なりたい職業」というもので下のような結果。

 

f:id:Sho1coco:20170505142159j:image

ソニー生命保険株式会社「中高生が思い描く将来についての意識調査」より抜粋

 

プログラマーや絵を描く職業など、クリエイティブな職人気質の職業に憧れを抱いている人が多いのがわかります。

 

今では、職人がつくった一点ものは少なく、ネットに溢れている大量生産のものを買って消費する方が断然多い世の中になりました。やっぱり、誰かが使ってレビューをしてくれている商品は安心感があります。

 

でも、みんなが同じものを使っているときだからこそ、個性的な一点ものを求める人たちが少しずつ増えてきるように感じます。

 

最後に本の紹介です。
以前にも紹介したFablabの創設者Neil Gershenfeldさんの本です。
新しいものづくりを世界に広めた方です。

 

 

Fab ―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ (Make: Japan Books)

Fab ―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ (Make: Japan Books)

  • 作者: Neil Gershenfeld,田中浩也,糸川洋
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 


柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録