柊研究所の備忘録

アート×ものづくり×教育を考える研究者です。

イノベーティブな若者の心構え

f:id:Sho1coco:20171216072604j:image

 

プロジェクトが発足するするときよくこんな言葉を耳にする。

 

今回は社内の若手を中心に選んだ。自由にやってほしい。私たちベテラン勢では思いつかないようなアイデアを出してくれ。

 

今、世の中の経営者に「御社に必要なものは?」と尋ねると決まってイノベーションという言葉が返ってくる。イノベーションとは、不確実なもの。みんながあっと驚くもの。常識をひっくり返すもの。でも、これまで会社の文化をコツコツと創り上げてきたベテランたちはもう考え方の軸が固まってしまっている。今さら自分たちらしくないことなどと言われても簡単には思いつかない。そうだ、それならまだ会社に染まっていない若手に任せてみよう。というような流れで、どの会社も若手中心のプロジェクトが発足する。伝統を重んじるのではなく新しい風を歓迎する。

 

結果どうなるか。多くの場合、可もなく不可もなくでプロジェクトは終わる。若者たちはせっかくもらったチャンスとがむしゃらに頑張り上司たちをあっと言わせようとあの手この手でプレゼンする。評価者であるベテランたちは、自分たちが考えもつかなかった目からウロコのアイデアを期待するが、いざ聞いてみるとまったく論理的でない筋が通らない提案ばかり、君たちはもっと成長する必要がある、でも、可能性は感じたから引き続き精進してくれ。と当たり障りのない形でプロジェクトは終わっていく。

 

染まらない考えとは?

そもそも会社に染まっていないとはどういうことなのか。僕の家には、0歳児の子どもがいる。彼女はまだ言葉を喋れないが自分の好きなおもちゃを選ぶことはできる。例えば、左手にねこ、右手にブタの人形を持ったら、彼女は、左手のねこを掴もうとする。このどちらが好きかを繰り返して、10程度のおもちゃを一つずつ順位づけをしていった。その結果が下のツイート。

 

 

上位の左側にあるおもちゃたち(?)はリモコン、うちわ、おしりふき。もうおもちゃではない。大人が「子どもが欲しがるものを選んで。」と同じことを聞かれたら、これはおもちゃじゃない。と無意識のうちに枠をつくってしまう。

 

 f:id:Sho1coco:20171214080451j:image

 

おもちゃに限らず、知らず知らずのうちに枠をつくってしまう。機械工学の枠、プロダクトデザインの枠、上司の好みの枠、、、枠が増えていくことで何かを決めるのが楽になっていく。枠の数は経験値とも言える。

 

この枠に入れておけば確実にクオリティの高いものを提供できる。

 

ただ、この枠の中からは、不確実なイノベーションは出てこない。枠の外の広大な領域から探さなくてはならない。枠の外に目を向けるにはどうしたら良いか。

 

そこで考え出されるのが、枠を持ってない人に任せること。会社の若手が選ばれるのはこの理由からだろう。若手社員は少なくとも会社経験のなかから構築される枠は持っていない。

 

冒頭の例に戻ると、若手プロジェクトでは、上司をあっと言わせるものをつくるべきではない。これまで枠の中で、活動していた人が枠の外を判断することは難しい。判断は市場に直接問うべきである。クラウドファンディング、Twitter、Instagram、今は市場に直接話しかけるための手段が充実している。

 

例えば、東芝はクラウドファンディングサイト「Makuake」で酔いを視覚化するデバイスTISPYの資金調達に成功している。

 

アナタの酔いをコントロール。大人の新習慣、学習型アルコールガジェットTISPY | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

 

大手企業もあの手この手でイノベーションの創出を狙っている。枠の外から探すのは簡単なことではない。だからこそ、失敗を恐れない若い力が求められている。

 

イノベーティブな若者の心構えは枠を超えて考えること

 

 

質問箱です。気軽にどうぞ。


柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

Art studio買ってよかった。

今週のお題「今年買って良かったもの」について書きます。柊研究所らしくものづくりに関係するものたちに厳選しました。

 

iPadで油絵のような絵を描く

1つ目はArt studio for iPad。趣味で油絵を描いているのですが、準備と片付けがめんどくさい。そう思っているといつのまにか描かなくなってくる。iPadのお絵かきソフトって本当にちゃんと描けるのかなと疑いつつ購入したアプリArt studio for iPad。

 

使いやすい!

 

まだまだ使いこなしてはいないものの、レイヤーが分けられたり、筆のように絵の具が混ざっていく感覚が油絵に近くて描きやすい。もちろん後戻りもできます。筆の感覚は少し恋しくはなりますが、十分楽しめます。

描いた絵はこんな感じです。左上の柊はプロフィールのアイコンにしました。

 

f:id:Sho1coco:20171206190424j:image

 

 おもちゃづくりを専門的に

二つ目は摩訶不思議図鑑。最近、オートマタと呼ばれる木のおもちゃに興味を持ちました。有馬玩具博物館の中を歩くとワクワクします。みなみに博物館には、こんなおもちゃが置いてあります。

 f:id:Sho1coco:20171206204431j:image

 

自分でもつくってみたい!

 

機械工学出身でものづくりメーカーで働いているとどうしてもどんな仕組みで動いているのか気になる。そんな時に出会ったのがこの本。

 

摩訶不思議図鑑―動くおもちゃ・オートマタ 西田明夫の世界

 

摩訶不思議図鑑。有馬玩具博物館の創業者でカラクリおもちゃの神様的な存在である西田明夫さんの本。可愛らしく、木の雰囲気を活かした作品達はどれも魅力的です。でも、この本の一番すごいところは、カラーページが終わった後に実際の図面が載っていること。これをみればカラクリの仕組みがわかってより一層オートマタの深みに気づきます。

 

タイルで描かれた緑富士

最後はタイルアートで描いたお風呂の富士山。上の二つと違って、これはだいぶお金がかかっています。ぎりぎりまで妻と悩みました。買ってしまった今は我が家の家宝だと喜んでいます。

 

f:id:Sho1coco:20171206205703j:image

 

タイルの色や配置を自由に決められるタイルアートはおもしろいけど、デザインが難しい。なんども二人で話し合って最終的にたどり着いたのがこの緑色の富士山でした。

詳細はこちらの記事を読んでみてください。

家のお風呂の壁に富士山を描いた話 - 柊研究所の備忘録

 

 

質問箱を設置しました。質問だけでなく、「今年買って良かったものはこれ!」みたいなものも募集してます。





柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

 

 

 

沖縄の工芸品から学ぶものづくりで独立するヒント

 

沖縄は早朝がきれいです。日が昇る時間、薄っすらと敷かれた水の上に朝日とそれが写り込む。それを観るだけでも沖縄に行く価値があります。

 

 

ただ、今回から書きたいのは、沖縄のきれいな海の話ではなく、沖縄のものづくりについて。

沖縄ではやちむんと呼ばれる陶器が伝統工芸として親しまれています。最も盛んな読谷村には約64の工房があります(読谷村観光協会調べ)。例えば、こんな感じ。

 

 

オシャレです。

伝統工芸と聞くと、ちょっと渋くて若者には近寄りがたいイメージもありますが、読谷村にあるやちむんはモダンなデザインも多くて、ついつい手に取りたくなります。看板ネコにも惹かれます。

 

読谷村だけでなく、那覇よりも南側にある南城市にはコココという陶器屋さんがあります。

 

 

店長のデザイナーさんがつくった空間は商品だけでなく店全体にこだわりがみえます。こんな思わず立ち寄りたくなる個人商店が沖縄にはたくさんありました。

 

 

 

 どんなに魅力的な商品でもそのものだけではなかなか買うという決断が出来ません。でも、旅行先で地域に根ざした魅力的なものがあればそれは十分な理由になります。観光というちょっとした入口さえあれば人々の目は伝統工芸に向きます。その後はそれぞれのクリエイターの腕の見せ所です。数と安さで勝負しては個人商店に勝ち目はありません。その土地に根ざしたニッチな分野でファンを増やしていくのが生きる道なのだと思います。

 

 

質問箱を設置しました。

 

 

柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

 

木に触れること

 f:id:Sho1coco:20171027075235j:image

 

 

木ってよい。

 

僕は仕事柄、木材よりもゴム系の柔らかい材料に触れることが多い。元を辿ると、ゴムはゴムの木を切ると染み出てくる白色のネバついた液体(ラテックス)からつくられていて、この液体をこねたり混ぜたり熱したりしてゴムになる。身の回りにあるゴムは役に立つ機能的な材料で、木のような温もりは失われていて好意を抱く人は少ない。もしくはあの独特の匂いのせいなのかもしれない。もちろん、機能の追求という面ではとても興味深い材料で、その丈夫で柔らかい特性は世の中に欠かせないものである。

 

一方で、木材は自然をそのまま切り出したもので、匂い・肌触りともに人の生活に馴染みやすい。我が家は、木造住宅で骨組みは木で出来ている。他にもいろいろなところに木を使っていて、お風呂には焼杉、庭には、ウッドデッキ(少し前にペンキを塗り直した。)。最初はペンキを塗るくらいだったのが、サンダーで磨く、穴を開ける、板同士をダボ(円柱状の小さな部品)で繋ぐ、棚板をオリジナルに取り替える、と徐々に木を使ったものづくりに幅が出てきた。

 

今度は、機構で動く木のおもちゃ、オートマタをつくりたい。

 

柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

今年が一番忙しかったスパイラル

去年よりも今年が忙しかった。そんなことを毎年言っているとしたら、それは、今年が一番忙しかったスパイラルを患っている可能性があります。もし、あなたが効率化と生産性を大事にするのなら、このスパイラルはとても恐ろしいものです。そこで、今回は、この今年が一番忙しかったスパイラルについてその概要と対策について備忘録にまとめます。

 

今年が一番忙しかったスパイラルとは?

毎年今年が一番忙しかったと言ってしまう状態のことです。僕が初めてこの言葉を聞いたときは、大学生の研究室時代でした。若く聡明な先生のもと、世の中の常識をひっくり返そうとする斜め視点の研究は刺激的で、僕らは毎日夜中まで研究室にこもっていました。そんなある日、研究室の先輩が、

「ひいらぎ、今年は、国際学会に論文に、と色々あったな。今年が一番忙しかったな。」

と言いました。その時、僕は、

「先輩、それ去年も言ってませんでしたか?」

と返したものの、深く気にも留めませんでした。しかし、それから数ヶ月後、今度は先生が、

「ひいらぎ、あっという間に年末だ。今年が一番忙しかったな。」

もし、先輩がこれから毎年、今年が一番忙しかったと言い続けたら、40歳になってもそれを言い続けるのかもしれない。彼らは研究を生業としてそのスパイラルを楽しんでいる節があるので、きっとそれで良いのかもしれない。でも、僕はできることなら、このスパイラルに陥りたくない。どうしたら、スパイラルを抜けることができるのでしょうか?

 

【今】今年が一番忙しかった。

【未来】今年が一番忙しかった。

スパイラルに陥っている!?

 

忙しいとは何か?

人はどんなときに忙しいと感じるのか?それは、仕事量の量が過剰なときです。1時間に1の作業できる人が10の仕事量を完了しようと思ったら10時間かかります。仮に5年後にその人のスキルやツールが充実して、1時間に5の仕事量ができるようになったとします。でも、5年後には大抵求められるものも大きくなります。もし、仕事量が100になったら、20時間かかります。効率が5倍なのに、仕事量は10倍、これが忙しさの原因です。

 

【今】仕事量10 ÷ 効率1 = 10時間

【未来】仕事量100 ÷ 効率5 = 20時間

効率以上に仕事量が増えると手に負えない!

 

人は自分の能力を過大評価する

僕らは小さい頃からその道のプロがすごい時間を費やした映画、家具、おもちゃ、スポーツを観て良かった、悪かったと批評します。そのため、自分が価値を提供する側にたつと、自分の能力を過大評価して、大風呂敷を広げた目標を立ててしまったり、部下の仕事の捗らなさに腹を立ててしまいます。今年一年間で自分の成し遂げたことを振り返ってみてください。それは、意外と小さいものです。自分のスキルと実績を理解することが忙しいをなくす第一歩になります。 

 

客観的にみると、自分の効率は思ったよりも小さい!

 

仕事量ゼロを目指す

効率を上げることは意外と難しい。仕事量の増大を補うだけの効率となるとなおさらです。これの解決するためには、『どうやって元の仕事量を減らすか』を考える必要があります。キーワードは、標準化・自動化・外部化です。標準化とは、その仕事を手順書にすることで、同じ成果を誰にでもだせる状態をつくることです。これは、1度目の仕事で何が本質だったのかを理解していることと、それを他のものに応用するにはどうすれば良いのかを考えておく必要があります。次に自動化。標準化された手順をボタンひとつで出来るようにします。中身をブラックボックス化することで、スキルなしで出来るようになります。最後に、外部化。その仕事をそっくり丸ごと外に委託します。ここまで来ると、仕事量ゼロになります。

 

【標準化】誰でもできる!

【自動化】ボタンひとつでできる!

【外部化】仕事量ゼロ!

 

 

重要なのは、自分の時間を常に意識することです。家族と過ごす時間を増やす。趣味の時間に充てる。新たな領域に挑戦する。人それぞれモチベーションは異なりますが、自分が選んだことに時間を使うことを意識することが大切です。

 

柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

 

つまらない授業の不思議

f:id:Sho1coco:20170907064758j:image

 眠り猫を描いてみました。今日のテーマはつまらない授業についてです。

 

授業をきいてつまらない、眠くなるなんて経験はきっと誰もが一度はした経験でしょう。生徒にとって、退屈な授業は頭に入ってこない。でも、教育者にとっても、生徒が聞いてなかったり、寝ていたりすると、せっかくの伝えたいことが伝えられない。だから、つまらない授業というのは、お互いにとってあまり良いものではありません。

 

なぜ授業がつまらないか

その内容に興味がなく情報の使い道がないことが主な原因だと考えられます。本来、人の話を真剣に聞くときは何か目的があります。その現象のメカニズムが知りたい。人に話せるトリビアを集めたい。話し手の話し方を学びたい。話を聞いて笑いたい。などなど、目的はいろいろですが、何かを成し遂げたいことがあるからこそ、人の話を真剣に聞きます。初めから教える内容が決まっている授業は、いくら話し方が上手な先生でも、多くの生徒を満足させることは難しいものです。生徒ひとりひとり求めているものは違うのですから。では、生徒も参加できる双方向の教育とはどんな教育を指すのでしょうか?

 

双方向の教育の難しさ

生徒が発言する機会を増やしたり、積極的に授業に参加することをアクティブ・ラーニングと呼び、近年、文部科学省を中心に効果的なアクティブ・ラーニングが模索されています。一方で、これまでインプットを主体として行われていた教育から生徒にアウトプットさせる教育に変えるのは、けっこう難しいことです。例えば、歴史を学ぶとき、これまでの教育なら、年号や歴史の主要な出来事に関する知識をインプットして、後にそれを虫食い形式でテストして埋めれた数を点数化して評価する。これに、アクティブラーニングな側面を取り入れるなら、歴史上の人物になりきり、その視点で歴史を観察した結果をみんなの前でプレゼンテーションする。自ら考える力を養うなら後者の方が断然身につきます。歴史上の人物になりきることは、「なぜその行動を起こしたのか?」という教科書の範囲を超えた答えのない心情まで考える必要があり、深く考える力がつきます。でも、後者は評価者にとっては点数化が難しいです。

 

 教育の優先順位

 インプット主体の従来の教育の一番のメリットは、評価しやすいことにあると思っています。評価しやすく点数化しやすい、大量の人数を一度に並べることができる、レベルに合わせてシステマチックに教育を与えることができる。でもこれは、一見公平にみえて、テストが得意かどうかでレベル分けをするという不公平な評価になっています。本来、教育の最大の目的は「生徒が自立して生きていく力を身につける」ことにあります。それがいつの間にか、「簡単に評価出来てレベル分けできる。」という評価者視点の目的に変わってしまっているのかもしれません。個人的には「大人数を定量的に評価しなくてはならない」という前提条件を一旦忘れて、良い教育とは何かを考える必要があると思っています。

 

 良い教育とは何か?

 改めて良い教育とは何かを考えてみると、それは、思い返す授業だと思います。その授業がきっかけで何度もテーマについて思い出して考える。例え授業時間が1時間でも、学習効果は、10倍にも20倍にもなります。そんな生徒の想像力を刺激する授業こそ良い授業なのだと思います。

最後に生徒の積極的な授業参加を実現した例として、TEDでJHON HUNTERさんがプレゼンしたWorld Peace Gameの動画を紹介します。

John Hunter: Teaching with the World Peace Game | TED Talk

 

ときには、先生よりも生徒の方が魅力的な答えを持っている、それに気づかせてくれるような授業こそ、本当のアクティブラーニングと言えるのかもしれません。

 

 


柊研究所に興味を持ってくれた方は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録

1年くらいレールから外れることの価値

前回のブログに引き続き学生のための教育機関柊研究所の構想について当時の資料を引っ張り出して、備忘録にまとめておきます。

 

前回は、『早期教育で大事なのは知識より経験』という話をしました。

http://www.hiragilab.com/entry/2017/07/19/184455

 

柊研究所のビジョンは『人生の寄り道を社会への近道に』でした。今回はそのビジョンを考えたきっかけについてです。

 

 

1年くらいレールから外れてみる

f:id:Sho1coco:20170804171725p:image

そんな考えがふと浮かびました。たった1年。でも、そのたった1年が実は結構な決意がいるのだと思います。

実は、僕たちのキャリアの大枠はすでにレールが敷かれていて、その1年がなかなか捻出できません。

試しに、人生をざっくりと年表にしてみると、

 

小学校を6年間

中学校を3年間

高校を3年間

大学を4年間

社会人を38年間

 

多くの日本人はそれぞれの期間は違えど、大体これに当てはまります。小学校に入学してから、54年間ずっとどこかの組織に属した状態で、夏休み、年末年始など決まった休日以外は毎日そこで過ごします。もちろん、その毎日の行いは無駄ではなく、学習は自分の成長に、労働は経済を発展させてみんなの生活を豊かにします。

 

でも、たった1年なら、どこかの間で寄り道しても良いのではないでしょうか。

 

欧米ではこの1年をギャップイヤーと呼び、高校から大学入学までの期間に長期の休暇をとって新しい経験をすることが推奨されています。それでも取得率はまだまだ少ないそうです。

 

僕は社会人になる前に1ヶ月ーストラリアで過ごしました。たった1ヶ月でも、相部屋で他国の人と日本の文字について話したり(生まれて初めて自分の書いた字を美しいと言われました。)、知らない土地を街の人に聞きながら行き当たりばったりに歩き回ったり、数日の旅行ではできない経験をしました。そこで、半年間オーストラリアでワーキングホリデーに来たドイツ人など、ギャップイヤーを謳歌する多くの人たちと出会いました。彼らは旅行ではなく、そこに滞在して仕事をして、その生活に溶け込むように過ごしていました。暮らすように旅をするという旅行の仕方をその時初めて実感しました。『こんな経験を引き出す場をつくりたい。』と思いました。

 

 人生の寄り道を社会への近道に

 

それが、柊研究所のビジョンとなりました。一度、レールから外れて研究所で自分のテーマを持って過ごす。トライアンドエラーを何百回と繰り返すことで、専門領域を深めて、自信をつけて、再びレールに戻る。目の前の選択肢が広がり社会への近道になる。

 

そんな組織をゴールとして描きました。

ギャップイヤー、一度、意識してみるとおもしろいかもしれません。

 

(余談ですが、暮らすように旅をすると聞くと『世界ふれあい街歩き』を思い出します。)

 

世界ふれあい街歩き ドイツ ドナウ川をゆく [DVD]

世界ふれあい街歩き ドイツ ドナウ川をゆく [DVD]

 

 

 柊研究所に興味を持ってくれた人は、下にあるFacebookやTwitterも覗いてみてください。
・Facebook ページ
https://m.facebook.com/shu.aoi.reseach
・Twitter
ひいらぎ (@sho1coco) on Twitter
・その他の記事
柊研究所の備忘録